キャバクラ・セクキャバ用語集:あ行

«あ行»
用語 説明
アイス 飲み物を作るときなどに使う氷のこと。基本的にキャバクラでは氷とは言わずアイスと呼んでいる。
アイスペール 氷(アイス)を入れておく容器のこと。シャンパンなどを冷やす時に使われることもある。
あいばん お客様同士が2名以上で一緒に来店してくること。テーブル単価が上がることが多い。
あがる キャストが仕事を終えて帰ること。お客が帰るときや仕事を辞める時に使うこともある。
アフター 営業時間や勤務終了後にキャストとお客で店外デートすること。キャバクラに通う男性の目標の一つでもある。
アリバイ キャバクラやセクキャバなどで働いていることを身内や彼氏にバレないように普通の会社で働いているように見せかけること。店舗によっては架空の給料明細や電話対応をしてくれる場合もある。
イベント お客の来店をうながすのが目的でいつもとは違うサービスを行う期間のこと。クリスマス、バレンタインの時期やキャストの誕生日に多い。
ウェイター ボーイとも呼ばれている、ドリンクを運んだり注文を撮ったりする男子従業員のこと。
ウェイティング お店が混んでいて女の子の数が少ない時に、カウンターなどでお客に待ってもらうこと。その際のドリンクは無料の場合が多い。
エノテーク ドンペリの黒のこと。高価なドンペリのなかでも高級品。
オープン お店の営業開始時間。
オープンラスト 略してオーラス。お客が店舗の開店から閉店まで飲み続けること。またはキャストが開店から閉店まで通して働くこと。
オールタイム 営業時間中の何時に入店しても料金が変わらないこと。
オンリー お店の中でお客さんが一人きりになってしまう事。店としては絶対に避けたい。
お見送り 帰るお客を店の入口やビルの下まで見送ること。
お茶をひく その日のお客からの指名が一本(一回)もなくゼロだった時のこと。
一見さん 初めて店に来てくれた新規のお客のこと。店側は固定客になって欲しいのでいろいろな特典があることが多い。
営業 キャストの女性がお客に対して同伴や本指名を増やすために電話やメールなどをすること。お客にしてみれば営業とわかっていても嬉しかったりする。
永久指名 もともとはホストクラブのシステム。一度指名するとずっと指名を帰ることができない。銀座などの高級クラブに多い。
延長 入店時に決めたセット時間を過ぎること。スタッフやキャストが延長するかどうかを確認する場合や自動的に延長になる場合がある。
延長料金 最初に決まっているセット料金の規定時間を超えると発生する料金のこと。お店によってシステムは色々あるが、自動で延長になるか確認してから延長するかを決める確認延長の2種類があり基本的には30分単位での延長が多い。料金的にはセット料金とは別で同じぐらいか少し高い場合が多い。
歌本 カラオケを歌う曲を選ぶ時に見る本のこと。
親バレ 親に内緒でキャバクラやセクキャバなどの水商売や風俗店で働いていることが親にバレてしまうこと。大体のキャストの女の子は退店してしまう。
大箱 広い店内や席数の多い店のこと。
朝キャバ 朝から営業しているキャバクラのこと。深夜営業が出来ない場合が多いので回避策として考えだされた。
売り掛け ツケのこと。お店の女の子がお客の飲み代を建て替えてくれること。期日までに集金できないと女の子の給料から引かれてしまう。高級クラブのシステムなので通常のキャバクラでは行わない。